FC2ブログ

q.e.d.にいらっしゃぁ~い。

雑貨とカフェの店・q.e.d. STORE&CAFE に、日々入荷してくる新作商品や、おすすめアイテム、季節のケーキなどを毎日紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東北の手仕事展「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」さんの自己紹介です。

東北の手仕事展 復興から自立への「ものづくり」刊行記念フェア
にご参加くださるみなさんに自己紹介をお願いしました。


<ふくしまオーガニックコットンプロジェクト>


ふくしまオーガニックコットンプロジェクトは、
東日本大震災による原発事故の影響で風評被害を受けた福島の農家支援と、
年々増加している遊休農地や耕作放棄地を活用した
有機栽培の綿花による地域再生を目指して、2012年からスタートしました。

本プロジェクトでは「備中茶綿」という日本古来の在来種を育てています。
綿花は塩害にも強く、津波で被災した荒れた土地でもたくましく育ちます。


一年目に100kg弱しか収穫できなかったシードコットンが、
昨年度には1000kgもの量が収穫できるまでになりました。
収穫したコットンを製品化・販売し、
収益を生産者に還元する一連の取り組みを通じて、
地域に活気と生業をつくり、
福島から新しい農業と繊維産業を発信しています。
そして、このたくさんの人たちの手で大切に育てられた綿花を、
福島を代表する地域ブランドにしていくのが
自社ブランド”SIOME(しおめ)”の挑戦です。
SIOMEの手ぬぐいは、茶綿を使用しているためほのかな生成色をしています。
注染加工をした手ぬぐいは、洗いを重ねることで
それぞれ個性を持った一枚に仕上がっていきますので、
暮らしの必需品としてぜひご愛用ください。

ふくしまオーガニックコットンプロジェクト
http://www.iwaki-otentosun.jp/cotton/

_convert_20191010160700.jpeg



<q.e.d.より>

小さなお子さんにも、肌の弱い方にも安心してお使いいただける
オーガニックコットン。
それも、日本在来の古来種から育てたオーガニックコットンってすごく気になります。
手ぬぐいってさっと汗や水を吸ってくれるし、広げておくだけで
あっという間に乾くし、ガンガン使ってざぶざぶ洗って
そのたびにどんどんやわらかく肌馴染みもよくなるんです。
さらにこのモダンなデザイン。
お菓子やみかんを入れたカゴにふわりと、
突っ張り棒で棚の目隠しに使っても
インテリアのポイントになりそうでとても素敵です。


q.e.d. ショッピングカート


Facebook内のイベントページでもご紹介しています→Qed STORE & CAFE



<ブログランキング参加中です>
スポンサーサイト



| イベント | 16:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT